マイタケdフラクション、マイタケエキス海外サプリメント専門店 TOPに戻る

マイタケdフラクション、マイタケエキス海外サプリメント ベストセラー 一覧 に戻る
 

ヒツト・サプリメント・グラフィティ
           

ここ数年、アメリカでヒットしているサプ リメントを見てみますと、
まず、ブームの火付 け役となったのが、96年の大ヒットとなった メラトニンです。

一度くらいは耳にされた ことがあるとおもいます。
メラトニンには気分を落ち着かせ、穏やか な眠りに導くという効果があります。
この商品 の鍵を握るのは、人間の脳の中にある松果体です。
夜の眠りと朝の目覚めをコントロールする働 きがあるのですが、ここから分泌されているホ ルモンこそがメラトニンなんです、
眠りのリズ ムをコントロールしているんです。
サプリメントでは1錠中に3r程度含まれ ていますが、これが睡眠薬のように翌日に残ら ないことから、忙しい人で寝不足やストレスや疲労からくる不眠 に悩む人たちの間で爆発的に売れているんです。

翌97年にブームとなったのはDHEAなんです。
正式名はデヒドロ・エピアンドロステンで、舌 をかみそうな名前のため、通常は頭文字だけ で呼ばれているんです。
こちらもホルモンの一種で、 副腎から分泌されるものなんです。
活力を増進させ、 気分を快活にする働きがあるが、20代以降、急速に減少していきます。

これを直接摂ることで、体 を若返らせようというものなんです。

ホルモン系ばかりが続いたためか、98年に なると、植物成分のものが注目されてきます。
セン トジョーンズウオート(セントジョーンズワート)は、 弟切草(おとぎり草)の一種です。
日本でも 弟切草は古くから神経痛や生理痛、気 管支炎や利尿剤として使われてきましたが、ヨー ロッパではもともと鬱病(うつ病)の治療薬として知ら れていたんです。
鬱症状の特効薬といえば、プロザックが有名 ですが、劇的な効果がありますが、一方で副作用も 心配ですね。
そんなリスクを摂るよりは、体にや さしいのに大きな効果があるセントジョーン ズウォートを選んだ方がいいと考える人が多 数派を占めたりします。

ヒットするサプリメントが、なぜか「元気 になる」「明るくなる」傾向のものが多いんです。
実は、鬱病(うつ病)の蔓延がバックボーンにあるんです。
95年に発表されたアメリカのデータでは、成人 の約14%強が鬱病性障害という報告もあるんです。
10人に1人以上という数字なんです。
日本の場合も同じ様で、精神科や神経科、心療内科への 抵抗があるため、実際に病院を訪れる人はま だまだ少ないものの、潜在的な鬱病患者は非 常に多いといわれているんです。
なんだか気分が沈みがち、朝起きて動くの が嫌だったり、そんな思いは誰しも、一度や二度は経験した ことがあるはずですよね。
私も月に一度は、いやな気分になります。 今後、こうした鬱対策のサ プリメントは、日本でも注目されていくだろ うと思います。

海外旅行のおみやげとして最適のジャンルですね。
 




Copyright AD21 DEGI21 co.,ltd.All Rights Reserved.    .

マイタケdフラクション、マイタケエキス海外サプリメント専門店